受験教育

受験教育

受験教育

かつては受験戦争と言われ、私立の大学の倍率が10倍以上などということもざらにありました。
しかし、少子化の影響は子供の教育環境を大きく変えようとしています。
希望者が全員大学に入れるどころか、定員割れで廃校が相次ぐ現代では、大学卒の肩書きはそれほど意味がないものになりました。
小さい頃から詰め込み教育でいい大学をめざし、それが将来の幸せにつながるという考えも、終身雇用制の形骸化とともに不確かなものになりつつあります。
ゆとり教育と詰め込み教育の間を振り子のようにいったりきたりする教育行政の中で、自分の子供に何をどう学ばせるのかということは、親の大事な判断の一つになったといっていいでしょう。
肩書きだけではない本当に社会で役にたつ「勉強」とはなんなのか。
マニュアルを外れた生き方が問われる時代なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ